ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2022年1月30日 19時41分
《日本の政治》 戦争屋バイデン(ハリス)の時代 なぜ、日テレはこのようなニュースを流したのか?
 
先ほど、夕食をとりながら、日テレの『バンキシャ!』を観ていたら、番組の最後の方で、『ウクライナからの中継です』というフリで、ウクライナ市民がロシアの攻撃を想定して軍事訓練をしているとして、以下のニュースが流れました。

「露の攻撃に備え ウクライナで市民に軍事訓練」(2022年1月30日 日テレ)

それで観ていたら、まったくウクライナ市民には緊張感がなく、市民が木製の自動小銃らしきもので練習している風景が映りました。上記のニュース映像をご覧になればわかりますが、このニュースを観て、思わず大爆笑、現代の『タケヤリ訓練ではないか』と口ずさんでしまいました。それをあたかもバラエティ番組のようにタイミング良く中継という構成でニュースとして流す。そういう『つくられ感』がプンプンの内容であるわけです。どうして、日テレはこのようなニュースを流すのか? その答えは、実は以下のニュースにあるのです。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月22日 17時13分
《日本の政治》 やはり言うまでもなく戦争屋バイデン(ハリス)の時代
 
以下のTBSの記事では、21日の日米テレビ首脳会談で、首相の岸田氏が敵基地攻撃能力検討を述べたら、米大統領のバイデンが歓迎の意を表したとあります。戦争屋バイデン(ハリス)の真骨頂と言える発言です。これまでの米大統領にないことを言い始めているわけですが、それは戦後日本が経験したことがない戦争の時代を、これから日本国民が経験すると言うことに他なりません。もちろん、このことは2年以上前から予言していることなので、驚きはしませんが、状況は日本国民にとって大変に悪い方向に動いています。まさに暗黒の時代に突入という状況です。

「バイデン大統領が日本の『敵基地攻撃能力』検討を歓迎」(2022年3月22日 TBS)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月21日 12時53分
《日本の政治》 新型コロナウイルス問題が昨日始まったような低レベルな議論を繰り返す愚
 
本日(21日)のテレビ朝日『モーニングショー』では、新型コロナウイルス感染状況とその対応についての内容を放送していました。玉川さんは相変わらず良い指摘をしています。ただ、この番組に限ったことではありませんが、議論が抽象論に終始していて、またかつての議論の堂々巡りという側面が強く、爆発的感染拡大という状況を前にして、まったく何もできない日本という印象を強く持ちました。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月14日 23時47分
《日本の政治》 岸田政権はそれなりのことは言っているが結局何もできないということか その2
 
Worldometerによると、ここのところずっと、米国における新型コロナウイルスによる1日の犠牲者は2000人前後となっています。累計の犠牲者も85万人を優に超えています。まさに米国は惨状と言えます。世界トップのワクチン供給国ですが、米国内の防疫は完全に失敗、破綻しています。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月9日 23時35分
《日本の政治》 立民 下駄の雪には未来はない
 
以下の毎日新聞の記事では、1月5日に開かれた『連合』の新年交歓会で、岸田首相は壇上で挨拶し、一方、立民と国民民主の代表は壇上にも上げてもらえなかったことが書かれています。まさに、この両党、明らかに『連合』の『下駄の雪』にすぎないと考えますが、そんな政党・政治家に国民の生活が守れるとは到底思えません。両党とも早く解党した方が良いでしょう。税金のムダ遣いにすぎません。因みに『下駄の雪』とは、何をされても付いて行く、強いものからはなれないなど自分の立場の保全に汲々としているもののことを言います。

「岸田首相、連合に接近 9年ぶり新年交歓会出席 見据える参院選」(2022年1月5日 毎日新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月8日 23時6分
《日本の政治》 岸田政権はそれなりのことは言っているが結局何もできないということか
 
新型コロナウイルスの感染爆発が発生しています。昨年末、岸田政権は早期に新型コロナウイルス対応を明確に示し、国民の好反応を得ましたが、その後、対応がなし崩しになって今に至ります。経済政策について新自由主義からの脱却と言いながら、結局、新自由主義者の圧力に負けて、いつのまにか、政策が新自由主義になっている。結局はそれと同じなのではないでしょうか?
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月1日 23時48分
《日本の政治》 天皇陛下の素晴らしいお言葉
 
新年、あけましておめでとうございます。以下の今上陛下と皇后陛下のビデオメッセージは大変に素晴らしいものでございます。

「新年ビデオメッセージ(令和4年1月1日)」(2022年1月1日 宮内庁)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年1月1日 0時18分
あけましておめでとうございます!
 
あけましておめでとうございます!
私たちの力で素晴らしい社会をつくってまいりましょう!
[続きを読む]
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年12月23日 20時20分
上皇陛下のお誕生日に際して心からお慶びを申し上げます
 
上皇陛下のお誕生日に際して心からお慶びを申し上げます。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年12月22日 23時50分
《日本の政治》 アベ・スガ体制にエールを送る立民
 
以下の時事通信の記事は、12月21日に閉幕した臨時国会の概評です。見出しにあるように、統計不正は解明が先送りされ、波乱のない臨時国会だったと評されています。その通りでしょう。

「統計不正、解明先送り 臨時国会、波乱なく閉幕」(2021年12月22日 時事通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2022年01月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
カテゴリ
全て (1251)
日本の政治 (1166)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
08/11 23:50 キシダ氏の内閣改造・党役員人事についての評価 その1
08/11 23:09 旧統一教会の記者会見にあった誰でも指摘できる明らかなウソと考えられる発言
08/10 01:45 今回の内閣改造・党役員人事を考える (2)
08/09 23:50 今回の内閣改造・党役員人事を考える (1)
08/08 23:45 なぜ橋下は強引な解釈をするのか?
08/07 23:50 災害で自主的に動く日本国民、まったく動かない韓国のカルト団体と関係するキシダ自民党政権
08/06 22:36 New! 安倍晋三さんの葬儀を国の儀式として行なうことを中止すべきは当たり前 その1
08/06 21:35 New! 現在の中台問題の原因は日米側にある
08/05 23:44 自民党は『不作為』の意味が本当にわかっていない
08/04 17:45 なぜ、キシダ政権は国民のために考え、動くことができないのか?
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved