このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
『民主党政変 政界大再編』 ( 2010年5月6日 ごま書房新社刊 ) 目次  
[◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊]
2012年7月30日 23時15分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。





目次

はじめに―日本の政治は、大きな岐路に立たされている

第1章民主党と自民党、それぞれの分裂

小沢一郎が企てる「民主党分裂」と「敵昧方」の票読み


小沢一郎が「敵味方」を票読み
政治家は、上から下までファイルできる
同志が窮地に陥ると掌を返す政治家たち
渡部恒三が名付け親の「七奉行」

かつては「竹下派七奉行」が実権を握った
「岡田克也を将来の総理大臣に担ぎ上げよう」
七奉行は一枚岩ではない
「前原首相―枝野官房長官―野田財務大臣」という組閣リスト

メラメラ燃え上がる渡部恒三の「怨念」
樽床伸二が離脱し「六奉行」に
生方幸夫が解任される
生方幸夫は、冷遇されたと逆恨み

「民主党の政策調査会復活を求める運動」が狙われた
生方幸夫は、産経新聞の画策に引っかかった
「敵味方」を峻別するリトマス紙の効用


「反小沢」で結束する前原誠司・枝野幸男・野田佳彦

「これでオリジナルメンバーが揃った」
「小沢を追い出せ」
小沢一郎は代表選挙で前原誠司を応援した
小沢一郎の「次の出番」と「次の一手」

「小沢先生と手を切れるか」
清新で強力な前原代表の布陣
「偽メール事件」で辞任に追い込まれた前原、野田の「怨念」


大連立構想

すでに小沢一郎と舛添要一が手を組んでいる
幻に終った自民党と民主党の「大連立構想」
文教族のドン・森元首相にすり寄って生まれた麻生内閣

リーマンブラザーズ倒産の衝撃
「大連立構想」が息を吹き返す
小沢―与謝野ラインの切り崩し
前例がない「任期満了解散」を探る

中川秀直が多数派工作に動き始める
小沢一郎は、失脚寸前のピンチに立たされる
「ブラックホール」のような政治家

「反小沢派」を徹底的に締め上げる
「秋の怪談話」
麻生首相の手落ち


第2章 政界再編のキーパーソン

新党が雨後の竹の子の如く生まれる


団塊世代ヘアッピール!? 新党「たちあがれ日本」が立ち上がる
与謝野馨が文蟄春秋誌上で「新党結成」への決意表明
鳩山由紀夫首相を「平成の脱税王だ」と追及する

与謝野・平沼新党からみると「大連立構想」いまだ健在なり
鳩山邦夫が「坂本龍馬をやりたい」と言って自民党を離党
舛添要一は連携含みで静観の構え

小沢一郎が描いた「首相は小沢一郎、副総理は与謝野馨」
渡辺喜美が設立した第三極勢力「みんなの党」
旗印は「国家公務員一〇万人削減」
「フォローの風」に恵まれて心強い
渡辺らは、チャレンジ精神旺盛

民主党は「みんなの党」の"殴りこみ"に大きな衝撃
「一人区」の栃木と島根が可能性を秘めている
「公明党」が大変ビビッている
平沼赴夫が自民党との連携に合意した

郵政民営化「造反議員」のレッテルを貼られる
川上義博が小沢一郎と平沼起夫の仲介の労を取る
「新党づくりには、巨額の資金が必要である」
平沼赴夫は、同志を見捨てられなかった

新党結成を想定し「平沼グループ」の活動を継続する
民主党政権に強い批判の矢
平沼起夫が民主党に入らなかった本当の理由

キーパーソン

「大連立」「世代間戦争」「第三極」の三つのキーワード
「大連立」の仕掛人は中曽根康弘元首相
小沢一郎と前原誠司・枝野幸男・野田佳彦の「世代間戦争」
不満を募らせた河野太郎ら「若手世代」

与謝野馨の後を追った園田博之の人脈
渡辺喜美ら「みんなの党」は自民党「若手世代」と合流するか?

松下政経塾出身者は政界再編の中核になれるか

松下政経塾出身の衆参両院議員のうち、民主党が八三%を占めている
松下政経塾は、「総理大臣」を出していない
草創期の松下政経塾出身者に高齢化が進む
「政治は数、数は力、力はカネ」
天下取りに挑む原口一博、前原誠司のどちらを選択するか
前原誠司と野田佳彦が被った「偽メール疑惑」の傷
自民党のなかでは、「大物政治家」が育っていない
「金太郎飴」を思わせる「サラリーマン」集団
原口一博と前原誠司の二人が、大きく二手に分かれて天下取り
小沢一郎が、閣僚人事を利権奪還に利用する
小沢一郎の前途に再び暗雲

間一髪、アメリカが小沢一郎を救った
「日本志民会議」が新党結成の決意表明
「国会議員予備軍」の可能性
「日本新党」出身の小池百合子がキーウーマンに


第3章 日本の政治を左右する最後の政治家・小沢一郎とは

政界再編の「AとB」


なぜ小沢一郎は嫌われるのか
「一〇〇年に一度の無血革命」に乗り出している

強い権力のすがたかたち
小沢の心の自画像
政界再編は、政策の対立軸によって行われる
「スウェーデン・デンマーク型高度福祉社会」を目指すか否か

戦後日本の厚生官僚は、スウェーデン、デンマーク型の福祉国家を目指した
「日本型福祉社会」の再生は、事実上、不可能
日本の年金制度は、すでに破綻しており、もはや末期症状
再びスウェーデン、デンマークを目指すための「四つの思考方法」

湾岸戦争の苦い教訓
ロックフェラー財閥との戦いに打って出る

「外国人参政権」に賛成か、反対か
勝敗を分けるのは一人区
参院選は別次元
選挙区と比例区合わせて「最低六〇議席確保」する
青木幹雄に対抗馬をぶつける


あとがき

(転載・引用厳禁)


板垣英憲『勉強会』開催のご案内


くる天 ブログランキング

板垣英憲マスコミ事務所

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

板垣 英憲(いたがき えいけん)情報局

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2960)
◆『恐るべし野村證券の野望』(昭和61年12月25日刊) (54)
◆『【日本経済新聞】のここをこう読みなさい』(1995年4月26日刊) (75)
◆『なぜ?浦和・与野の不思議』 (2)
◆『誰でも知っている創業者のサクセスストーリー』 (34)
◆『二宮尊徳に学ぶ企業経営』(法人うらわ)1999年新年号より (18)
◆『徳川慶喜に学ぶ経営改革』({法人うらわ」1998年新年号より連載) (17)
◆「渋沢栄一に学ぶ」(「法人うらわ」2000年新年号月より連載) (19)
◆『野村総研』(1988年2月20日刊) (55)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (51)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 196783
今日のアクセス: 79
昨日のアクセス: 97
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved