このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―目次
[◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊)]
2019年1月14日 10時32分の記事



IBM神話の崩壊―目次

まえがき

第1章ベールに包まれたIBM帝国

BMのとらえどころのない不気味さはどこからくるのか
 知名度のわりになじみが薄い企業イメージ
 外部からはうかがい知れない不透明な企業活動加
BMの日本進出65年の軌跡
 IBMの日本上陸は大正14年
 戦後日本で展開されたIBM機納入ラッシュ
 コンピューターは社会の主役になり得るか
 米国IBMの内部事情を明かす視察レポート
 内部視察資料が描いたIBMの実像
 IBMの世界戦略を支えるプラニングーシステム
 IBM帝国の中核にある企業意志と哲学

第2章毅贈佑描いた日本戦略の再構築
トップ人事にみるIBM総帥の思惑
 エーカーズ会長の謎めいた社長人事部
 新体制に示された業績回復への強い決意
 世界の注目を集める会長後継者問題
優良子会社・日本IBMに掛けられる大きな期待
 エーカーズ会長の苦しい決算報告が物語る帝国のかげり
 米国IBMのリストラが生みだした24億ドルのツケ
 本社の浮上役を託された日本IBMの重責
 IBMのモットー「市場対応を第一義とする」の再スタート
 IBMの原点はユーザー発掘、攻撃的な需要創造だ
 大型から中小型ヘシフトされた商品展開
 情報化社会の建設的リーダーとしての自負
 根づくか「良き市民たれ」の経営方針

第3章熾烈なパソコン競争の舞台裏
互換機戦争の影でくりひろげられる仁義なき死闘
 逆互換機で富士通、日立に猛反撃を展開するIBM
 急伸する個人ユーザーのシェア
 知的所有権をめぐる攻防戦の行く方
 日立・三菱の産業スパイ事件があらわにした知的所有権をめぐる暗闘
 富士通の著作権侵害事件が引きおこした各社各様の思惑
 ますます強化された知的所有権侵害へのチェック体制
 熾烈さ増すパソコン競争の最前線
 独自の商品開発を武器に「個人市場」へ宣戦布告
 注目されるパソコン戦略の先行きとぬぐえぬ懸念
 もう一つの商材−各種教育支援システムの新市場
 過激な安売り戦術は何をもたらすか
 プライドをかなぐり捨てた米国IBMの窮策−大幅値引き作戦
 安売り戦術では親会社より過激な子会社
 虎視耽耽の安売り・値引き作戦の尖兵たち

第4章外資系企業・日本IBMに根づく企業体質
日本IBMが抱える人事問題
 親孝行子会社・日本IBMの貢献度
 白熱化する椎名社長の後継者選び
 日本IBM幹部に刻印される企業体質
隠然たる勢力を誇る慶応閥
 私立大学卒主導を生みだした明快な理由
 なぜ国立大学卒は。冷飯組”なのか
固定化する各部門出世コース
 根をはり、形成されっっある"官僚体質
 日本IBMの出世見取り図

第5章日本IBMが直面する企業モラルの低下
日本IBMの不可解な広報活動
 四回の取材依頼に対して示された不可解な対応
 広報担当N氏はかく回答する
 失われつつある伝統ある企業倫理基準
 「顧客満足度」が低下した原因を探る
 加重生産が生み出す生産現場の歪み
 「二ケタ成長」を支えている労働の実態
 賃金制度を覆う厚いベール
 波紋を投げかけたIBM高額納税者の顔ぶれ
 矛盾を拡大した「イコールーオアーペター」の給与体制
 米国IBM本社へと向かう多額の送金
 過密労働と人手不足は何を生み出すか
 機関紙「かいな」が報告する過重労働
 社員健康状態アンケートが示す危険な兆候
 生産現場の安全をおびやかす複合原因

エピローグ―IBMが描く高度情報化社会像
 情報化社会にコンピューターが果たす役割
 かつてない巨大マーケットの出現
 高度情報化社会到来は何をもたらすか


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


(転載・引用厳禁)


板垣英憲『勉強会』開催のご案内


くる天 ブログランキング

板垣英憲マスコミ事務所

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

板垣 英憲(いたがき えいけん)情報局

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2910)
◆『恐るべし野村證券の野望』(昭和61年12月25日刊) (4)
◆『【日本経済新聞】のここをこう読みなさい』(1995年4月26日刊) (75)
◆『なぜ?浦和・与野の不思議』 (2)
◆『誰でも知っている創業者のサクセスストーリー』 (34)
◆『二宮尊徳に学ぶ企業経営』(法人うらわ)1999年新年号より (18)
◆『徳川慶喜に学ぶ経営改革』({法人うらわ」1998年新年号より連載) (17)
◆「渋沢栄一に学ぶ」(「法人うらわ」2000年新年号月より連載) (19)
◆『野村総研』(1988年2月20日刊) (55)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (51)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 192853
今日のアクセス: 36
昨日のアクセス: 67
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved