ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4856)
米国在住の個人投資家satoko女史 (61)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (42)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2669843
今日のアクセス: 384
昨日のアクセス: 642
RSS
カレンダー
<<2022年08月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年8月6日 7時0分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政  ブッシュ大統領に叩かれて
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)

第6章 小泉改草と市場原理主義者の竹中財政

ブッシュ大統領に叩かれて


 2001年4月26日に首相に就任した小泉純一郎は、政権発足から11日目の5月7日、衆議院本会議場で就任後初の所信表明演説を行った。
 1992年秋から始まった「平成大不況」のもと、ガタガタになっていた日本経済を再生し、景気を回復させる切り札として「聖域なき構造改革」を宣言した。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年8月5日 21時45分
自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。しかし国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それより内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっている。
 
自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。しかし国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それより内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 内閣改造が当初の予定より早まって、10日に行われることになった。自民党のなかはいま、喧嘩でグッチャグチャになっている。統一教会問題でさぞかし大騒動しているのかと思いきや、そうではないらしい。メディアは騒いでいるが、国民が思うほど、自民党にとって統一教会の打撃はたいしたことではない。それよりは、内閣改造に向けてのポスト争奪戦に血眼になっており、ここは一刻も早く内閣改造をしてしまわないと、みんな倒れそうになっているのだという。そうしたなか岸田文雄首相は8月3日夜、東京都内のホテルで森喜朗元首相、青木幹雄元官房長官らと会食した。遠藤利明選対委員長、小渕優子組織運動本部長も同席している。森喜朗は、安倍晋三元首相が凶弾に倒れた2日後の7月10日夜、自宅風呂場で血まみれになって倒れ、救急車で搬送されていた。集中治療室に運ばれ、一時は10日も持たないのではないかといわれるほど危険な状況が続いていたという。ところが奇跡的に容態は回復に向かって退院し、これまで仲が悪かったといわれていた青木幹雄とともに岸田首相と会食をした。森喜朗と青木幹雄の間を取り持ったのは、小渕優子だったという。小渕優子もようやく、政治的な動きができるようになったようだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年8月4日 19時42分
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。
 
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。

◆〔特別情報1〕
 社会医学環境衛生研究所所長で、米国・スタンフォード大学医学校フェローの谷康平先生が、新日本保険新聞(生保版)に月一回連載で執筆されているコラム「21世紀 現代・養生訓」と「世相を斬る」それぞれのなかで、統一教会の問題について鋭い切り口で触れられていた。そのなかで、「多くのメディアに欠けている視点がある」として次のことを指摘している。
「【自由民主党】も【世界基督教統一心霊協会】も第二次大戦後の米ソ冷戦時代の落とし子として生まれたアメリカの植民地支配のための組織なのです。関係が深いとか 癒着が疑われるとかのレベルではないのです。極論すれば 同根といっても過言ではないのです。」(「世相を斬る」)
 さらに、「朝鮮半島を1910年から1945年まで植民地支配した【悪い日本】だったと日本人は敗戦後洗脳教育されて その贖罪意識が統一教会を資金面で支えているのです。その立ち上げから日本サイドの中心人物だったのが 安倍氏の母方の祖父岸信介元総理(敗戦後A級戦犯として三年半勾留された後不起訴処分となり 最終的には内閣総理大臣にまで上り詰めました。アメリカが彼を利用出来ると判断したからでした。)だったのです。」(「21世紀 現代・養生訓」)
 ところが谷先生は、こうも指摘している。
「こんな問題がこの時期に安倍氏暗殺を端緒として顕在化しているのは 宗主国アメリカの日本に対するスタンスが変化したようにも思われます。」(「世相を斬る」)
 谷先生のこの分析は、どうやら的を射ているようだ。上皇陛下の側近でMSA協定の最終承認者である縄文八咫烏・吉備太秦は次のように語っている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2022年8月3日 21時2分
中国「北戴河会議」は、長老たちの意見を聞くという建て前の会議ながら、政権から追い出した爺さんたちに会ったところで何もならない。ただし、裏にはレッキとした目的がある。それは「麻薬会議」である。
 
中国「北戴河会議」は、長老たちの意見を聞くという建て前の会議ながら、政権から追い出した爺さんたちに会ったところで何もならない。ただし、裏にはレッキとした目的がある。それは「麻薬会議」である。

◆〔特別情報1〕
 これは、中国内部事情に詳しい情報通からの特別情報である。
 北京から東へ280キロに位置するリゾート地「北戴河」で毎年8月に行われる非公式会議には、引退した長老たちが一同に会し、参加者や日程は一切公表されていない。
 国民の手前、長老たちの意見を聞くという建て前で行われる会議とされているものの、政権から追い出した爺さんたちだ、会ったところで何もならない。メンツを立ててご意見を伺うということにしている。ただし、裏にはレッキとした目的がある。それは「麻薬会議」だ。国内で生産したものはもちろん、周辺国から入って来るもの、さらに押収したものも含めた「麻薬」をどう売り捌くかの会議だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年8月2日 20時49分
旧統一教会を膨らませてきたのは全て安倍元首相だった。安倍元首相の顔で、統一教会票を割り振ってもらった議員は相当数いる。100人の議員がいれば、統一教会との闇を担う100人の裏の秘書がいる。
 
旧統一教会を膨らませてきたのは全て安倍元首相だった。安倍元首相の顔で、統一教会票を割り振ってもらった議員は相当数いる。100人の議員がいれば、統一教会との闇を担う100人の裏の秘書がいる。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党の大物国会議員に11年間仕えてきた元秘書からの特別情報である。
 統一教会を膨らませて、政治家を統一教会に誘ってきたのは全て安倍元首相だった。統一教会は安倍元首相が牛耳っていた。だから、安倍元首相の顔で、統一教会票をもらっている政治家は相当数いる。なにより、安倍元首相が「統一教会票」の振り分けをやっていた。それは100%間違いない。統一教会の票を誰に何票、誰に何票という割り振りをやったのが安倍元首相だ。それは安倍さんが、政権をとる前からのことで、祖父・岸信介のときからであり、父・安倍晋太郎が引き継ぎ、そして安倍元首相が受け継いで膨らませてきたのだ。
 統一教会票で当選した議員は、自民党議員の大半というわけではない。それほど統一教会の信者数はいない。日本でせいぜい10万人くらいだろう。その約10万人は全国組織として散らばっており、振り分けていけば、1000票とか1500票しかない区域もある。ところが、激戦区になればなるほど候補者としては最後の1000票1500票が欲しい。ギリギリで当選という選挙区が全国にたくさんある。そういうところこそ、1000票1500票の票があると生きてくる。だから、「1000票の票があるよ。いくら出すか」という話になる。当然、裏金が動く。すべてキャッシュで、それを渡す役目の秘書がいる。表の秘書ではない、裏の秘書の役割だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (2)]




  次の5件
最近の記事
02/07 23:07 世界で一番多くコロナワクチンを打ったのは日本人であり、これから日本も周回遅れのワクチン問題に突入。しかし「コロナ・ワクチン」のフェーズは終わって、「戦争とインフレ」のフェーズへ。最後は食糧難である。
02/06 23:19 「ルフィ」グループ一斉送還は、対中国抑止強化のための米軍使用基地増加に向けた大掃除。権力と求心力の象徴の斧「ファスケス」で、日本と中国は見事に分断された。米国はキューバ危機と同じ「デフコン2」か。
02/05 17:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第10章 宗教と政治の間題を解決処理する 宗教法人法改正問題
02/04 19:04 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第10章 宗教と政治の間題を解決処理する 「政治と宗教に関する委員会」の設置
02/03 21:45 イスラエルとウクライナは「ハルマゲドン」実現に向けて連動。トランプ派の原点は伝説の大富豪ハワード・ヒューズ、トランプの叔父ジョン・G・トランプ、ニコラ・テスラによって創設されたデルタフォースであった。
02/02 23:30 トランプ復活を警戒して、日本のメディアが陰謀論を取り上げ始めた。陰謀論は米国では、市民権を得てしまっている。脱工業化運動で全てが破壊されてきた米国中間層の白人たちにとって当前の認識なのだ。
02/01 19:51 金銀相場の動きに先駆けて、米国金融制度の崩壊が、誰の目にも見えるようになってきた。バンク・オブ・アメリカでは、預金額が減っていることに顧客が気づいて大騒ぎになっている。こういうのを「Haircut」と
02/01 19:50 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
01/31 21:35 世の中の大変動は、良い方向に進行している。ダボスも笑い者になった。世界中の指導層・セレブの半分が出席しなかった。クラウス・シュワブと同類と思われるからだ。そして、ウクライナ戦争も終盤だ。
01/30 23:59 織田信長、明智光秀、豊臣秀吉、徳川家康は、出雲族の仲間であった。出雲のネットワークで力を合わせ、「イエズス会」が目論む日本の植民地化を阻止し、縄文文明の完成形である「江戸時代」を築いた。
最近のコメント
戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。(真実一路)
地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている(もつ鍋)
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎を総理大臣にする会が一つ増える(真実一路)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved