このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
◆『地球再生銘柄を狙え』(1989年12月1日刊)―目次
[◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊)]
2018年7月26日 7時25分の記事



まえがき

プロローグー長期的テーマ「地球保全」株を狙え

 注目したい長期的テーマ「地球環境保全問題」
 フロン全廃に向けて代替品開発ラッシュ
 大気汚染問題に取り組む企業群
 クリーンエネルギー開発への地道な企業努力
 海洋汚染・砂漠化防止関連も活発化の動き


I フロン全廃ヘフル稼動−「オゾン層破壊防止株」

 東洋紡績/フロン回収装置で七〇%のシェア占有
 三井東圧化学/フロン規制に社内開発プロジェクトで対応
 昭和電工/国内最大規模の代替フロン物質プラントを完成
 呉羽化学工業/フロン回収装置の受注が急上昇
 徳山曹達/ポスト・フロンのエース製品で需要拡大詔
 鐘淵化学工業/先陣を切ってノンフロン企業への脱皮を図る
 資生堂/代替品への変換とガスなし新商品で全廃を図る
 ブリヂストン/新スプレーシステム商品の生産・販売開始
 ニチアス/研究開発・製造法・組織体制の強化に取り組む
 神戸製鋼所/フロン回収装置「アクトークリスターD」の開発
 ダイキンエ業/代替フロン開発の具体的プログラムに着手
 日立製作所/遠心力を利用した磁気ヘッド洗浄装置の完成
 三菱電機/一部純水洗浄方式の採用など全廃に向けて注力
 日本電装/フロン早期回収・無害化に全力投球
 日本電子/フロン分解・無害化の新装置登場の気配
 三菱重工業/小型フロン回収・再生機の精力的販売攻勢中
 トヨタ自動車/フロン完全撤廃への企業努力に注目
 ニチメン/無公害充填ガスシステムの製造・販売に驀進中
 岩谷産業/洗浄から液管理回収までのフロン回収装置を発売


代替燃料の開発展開−「酸性雨防止関連株」
 倉敷紡績/高脱硫・脱硝率の装置に高まる実用的評価
 三井石油化学工業/プラスチックの再生利用開発に意欲
 中央電気工業/高品質で安価な「水素吸蔵合金」の製造・販売
 住友金属鉱山/集塵装置で培った公害防止技術に期待
 小松製作所/時代の最先端を走る「メタノールディーゼル車」
 住友重機械工業/「常温核融合」の実用化の研究開発に注力
 荏原製作所/群を抜く「電子ビーム脱硫脱硝システム」
 堀場製作所/有害物質計測機器の研究開発に全力投球
 日本電池/注目したい実用電気自動車用電池の開発
 京セラ/太陽電池を軸とした太陽エネルギー利用努力
 川崎重工業/高い評価を受ける「Mg−石膏法排煙脱硫装置」
 石川島播磨重工業/実用化が待たれる「乾式脱硫装置」の開発
 中部電力/LNGへのシフトと電気二、三輪車の完成に注視
 四国電力/素早い脱硫脱硝・煤煙処理装置の設置姿勢
 九州電力/初の国産二千ccクラス電気自動車を試作


新研究開発に好気配―「大気温暖化防止関連株」

 清水建設/液化天然ガスの貯蔵建設技術を誇る
 フジタエ業/大規模な地熱発電への事業展開
 間組/独自の液化天然ガス貯蔵技術工法を確立
 ラサエ業/「炭酸ガス貯蔵装置」をはじめ新開発に注目
 ほくさん/独自の太陽電池の研究開発で好実績
 大阪酸素工業/炭酸ガスの液化大量貯蔵の可能性に期待
 日本酸素/注目したい研究開発テーマ「常温核融合」
 日本化学工業/添加物生産で常温核融合開発に参画
 宇部興産/独自開発「ガス分離膜」で炭酸ガス回収市場に進出
 昭和シェル石油/大型太陽光発電の国家プロジェクトにも注力
 日本板硝子/太陽電池の最適基板超薄板「ファインガラス」
 新日本製鉄/地熱エネルギー発電の開発に意欲的に取り組む
 川崎製鉄/天然ガスのパイプライン敷設工事に力を発揮
 日本鋼管/パイプライン管内検査装置の群を抜く技術力
 大平洋金属/常温核融合の電極素材開発に期待集中
 日本重化学工業/現在岩手に2号機の地熱発電所を開発中
 三井金属鉱業/常温核融合添加物供給、新素材開発に情熱傾注
 日本鉱業/常温核融合電極素材の大量供給能力を誇る
 大阪チタニウム製造/新エネルギー確保の耐高熱素材を供給
 トーヨーカネツ/液化天然ガス貯蔵大型タンクのトップ企業
 富士電機/アモルファス太陽電池の変換効率アップに成功
 シャープ/ひと味ちがう太陽電池の開発に期待集中
 三洋電機/太陽エネルギー開発への情熱を物語るビジョン
 湯浅電池/研究開発の拠点「中央研究所」の研究成果に注視
 三井物産/意外な新素材・新技術分野への先行投資に注目
 昭光通商/常温核融合の原料供給のニューフェイス企業
 東京ガス/新開発「燃料電池」がいま実用化の段階へ


政府緑化事業が拍車―「砂漠化防止関連株」

 日特建設/緑化事業の地質調査・工事分野に強み
 東京製鋼/期待される海水淡水化装置の設置事業展開
 キリンビール/有用植物の組織培養開発に取り組む
 キューピー/低コスト・無農薬野菜の植物工場の開発に成功
 カゴメ/バイオテクニックによる新品種開発に注力
 日東化学工業/高吸水性樹脂分野で期待される技術ノウハウ
 住友化学工業/緑化に役立つ数々の技術体系に自信
 三菱化成/「地球環境研究所」建設計画にバイオ技術で協力
 東亜合成化学工業/「緑化計画」にアクリル系ポリマーで参画
 花王/研究開発を促進する基礎科学技術の確立に注力
 松下電器産業/植物工場・水耕栽培の技術開発に奮闘
 日立造船/太陽電池利用の海水淡水化装置に期待
 東京電力/夜間余剰電力利用の都市型植物工場の研究開始

V 排水規制に即対応―「海洋汚染防止関連株」
 大成建設/生命工学を駆使して海水浄化事業に乗り出す
 日立プラント建設/脚光を浴びる「下水高度処理システム」
 ユニチカ/高度な特殊樹脂による高効串の水処理を実現
 東レ/Ro(逆浸透)膜の液体分離機能に期待集中
 旭化成工業/超極細繊維による塩素系溶剤の分離装置を開発
 積水化学工業/世界に先駆けて硬塩化ビニルパイプを開発
 日本ガイシ/シェア九割に及ぶ上水道処理用濾過装置
 タクマ/下水処理での優れた技術と実績を誇る
 東洋エンジニアリング/諸条件下での理想的な水処理を実現
 千代田化工建設/小規模排水処理装置開発に注力
 オルガノ/高い信頼を誇る一貫した水処理分野へのこだわり
 栗田工業/排水処理をはじめ新水質資源拡大ニーズにも対応
 明電舎/高度・複雑化するニーズに総合管理システムで対応
 三井造船/排水規制で期待される小規模下水処理施設に注力


プロローグー長期的テーマ「地球保全」株を狙え


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


目次

(転載・引用厳禁)


板垣英憲『勉強会』開催のご案内


くる天 ブログランキング

板垣英憲マスコミ事務所

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

板垣 英憲(いたがき えいけん)情報局

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2664)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (34)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 175397
今日のアクセス: 8
昨日のアクセス: 69
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved