このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
《日本の政治》 民主主義という価値観を共有しているとは思えない
[日本の政治]
2021年12月18日 23時36分の記事

朝日新聞が12月15日にスクープしたアベ政権下での『建設工事受注動態統計』(基幹統計調査のデータ)の改ざんは、以下のリテラが「安倍政権ぐるみGDPかさ上げが決定的に」というように、まさにアベ政権下でのGDPかさ上げのためのことと考えます。要するに、政権維持のために都合の良い数字をつくり出していたに過ぎないと考えます。

「『建設工事統計』改ざん発覚で安倍政権ぐるみGDPかさ上げが決定的に! 統計偽装では厳しい追及に安倍が逆ギレしたが、今回は…」(2021年12月17日 リテラ)

「国交省、基幹統計を無断書き換え 建設受注を二重計上、法違反の恐れ」(2021年12月15日 朝日新聞)

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


実際、GDPが伸びた、賃金が伸びたとアベ政権ではずっと言っていましたが、結局、どちらも伸びていない。あげく以下の野口悠紀雄さんの指摘のように、アベノミクスで賃金が韓国以下、アメリカの半分となり、世界5位から30位に転落しているのです。

「日本人は国際的に低い給料の本質をわかってない アベノミクスにより世界5位から30位に転落した」(2021年10月3日 東洋経済)

要するにアベ政権下での経済政策の実績は皆無。だから、このような結果となるわけですが、そのようなアベ政権を考えれば、GDPに関わる基幹統計調査のデータの改ざんがあったというのは当然でしょう。逆に言えば、都合の良い数字をつくって、アベがどや顔で実績を上げたと言ってきて、何の成果も上がらなかったというのが、この約8年に及んだアベ政権の本質と考えます。まったくひどい。
このデータ改ざんのニュースを観て、『また改ざんか、またウソか』としか思いませんが、実際、アベ政権下では公文書偽造、国会での虚偽答弁が頻発しました。まさにウソにウソを重ねて、都合の良い幻想を作り上げて、政権の座に居座ったのがアベ政権の実相と考えます。
だから、一部マスコミが成功したともてはやし、アベ氏が自画自賛したアベノミクスの蓋を今になって開けてみると、賃金で韓国に抜かれるという事態に陥っているわけです。まったく驚きますよね。
アベ政権。それは単に右翼新自由主義政権にすぎず、民主主義、国民主権を無視して、国民にウソをついてきただけの政権と考えます。
右翼というのはヘイト、憎悪は煽りますが、日本と日本人を愛しているわけではないのです。憎悪することが愛すること、偉いことと勘違いしている頭の悪い人たちです。憎悪することが、国士だと思っている頭の悪い人たちです。そして、何よりも憎悪を増幅させることが彼らの役割なのです。
実際、戦前も同じで、『鬼畜米英、暴支膺懲(ぼうしようちょう/横暴な中国を懲らしめよ)』と憎悪を煽り、尊大に振る舞って、戦争をはじめ、最後はコテンパンにやられて、自滅したわけです。アホな話しです。
先の大戦などについて先達の悪口をいうのはいけないという向きがありますが、その本質は、自己の主張を肯定するために、歴史を糊塗し、改ざんして良く見せようとすることでしかないのです。それは、言うまでもなく、上記のアベ政権が行なってきたこととまったく同じなのです。
単に都合の悪いことは隠しているに過ぎない。やっていることは戦前、戦中と相変わらず同じ。そして国、国民をどんどん貶め、苦しめている。そのポイントがまさにウソなのです。右翼はウソを言うというのは、すでに定番となっていると考えます。このままいくと、またこの人達はウソによって日本を亡ぼすと考えます。
それに、そもそもこのアベ政権は、民主主義、法の支配、自由、人権などの価値観を日本国民と共有しているのかと考えます。はっきり言えば、共有していない。民主主義の概念がしっかりとしていれば、アベ政権下で生じた疑惑や虚偽、公文書偽造、データ改ざんなどは起るはずはないのです。
そうなると、以下の記事が報じている右翼の櫻井よしこ氏発言は、明らかにおかしな、矛盾に満ちたことです。同氏は、中国が民主主義的な権利を全否定していると評し、その中国に対して自由主義陣営は対抗すべしと述べているのですが、もそも右翼のアベ氏や櫻井氏は民主義主義をしっかりと踏まえているのかと思います。踏まえているとは到底思えません。
それなら、自由主義陣営と日本が結束するという発言は明らかにおかしく、矛盾してる。それにそもそも、民主主義国家である日本の国民と民主主義の理念をこの方々は共有しているとはまったく思いません。都合の良いときだけ、自由主義、民主主義を持ち出しているにすぎないと正直考えますし、そのことに心から憤慨します。
こういう所でもウソを言うのですよ。

「櫻井よしこ氏『価値観同じ国々で中国に対抗を』 長州『正論』懇話会」(2021年12月18日 産経新聞)

それにしても、上記リテラの記事では、立民について面白いことを言っています。この記事を読むと、このデータ改ざんのような民主主義の根幹を揺るがすアベ政権、自民党政権の所業がまた報じられているのに、提案型といっている立民が、ほとんど何もしていないことがよく伝わってきます。
立民は、岸田氏に『改ざんはもうやめませんか』とでも提案しているのでしょうか? 何というか幼稚さしか伝わってきません。平気でデータ改ざんをする相手に、提案型で挑むと言っているのですから、単なるバカでしかありません。
いずれにせよ、立民は民主主義体制の主権者である国民のためには働いていません。彼らは自分たちの党勢拡大のための宣伝をしたいということは言っても、与党の不正や、問題は追及しないというのですから、そこには国民のために働くという意志がまったくないことは一目瞭然です。
国民にとっては、与党の不祥事、疑惑、問題の真相を知る必要があります。それが民主主義において主権者として考える基本になるからです。問題の解明を与党に任せておけば、それは不十分に終わるのは、子どもでもわかることです。だからこそ、第三者である野党が、その解明をするのは当たり前のことなのです。
ただ、維新のように与党寄りの野党では話にならない。だから、しっかりとした野党の存在が必要となるわけで、その野党が機能しないのであれば、当然、現状の日本の政治は大政翼賛でしかないということになるのです。何度も申し上げますが、とても危険な状態です。
そう言う意味で、主権者国民のために働かない立民もまた、民主主義という価値観を同じくしているとは到底思えないのです。いうまでもなく、それは維新も同じですけど。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/467712
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2021年12月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (1251)
日本の政治 (1166)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
08/11 23:50 キシダ氏の内閣改造・党役員人事についての評価 その1
08/11 23:09 旧統一教会の記者会見にあった誰でも指摘できる明らかなウソと考えられる発言
08/10 01:45 今回の内閣改造・党役員人事を考える (2)
08/09 23:50 今回の内閣改造・党役員人事を考える (1)
08/08 23:45 なぜ橋下は強引な解釈をするのか?
08/07 23:50 災害で自主的に動く日本国民、まったく動かない韓国のカルト団体と関係するキシダ自民党政権
08/06 22:36 New! 安倍晋三さんの葬儀を国の儀式として行なうことを中止すべきは当たり前 その1
08/06 21:35 New! 現在の中台問題の原因は日米側にある
08/05 23:44 自民党は『不作為』の意味が本当にわかっていない
08/04 17:45 なぜ、キシダ政権は国民のために考え、動くことができないのか?
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved