ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2015年11月11日 23時40分
台湾がAIIBに加入!?
 
11月8日、ロシアの報道メディア・スプートニクスが、「中国政府は台湾のAIIB(アジアインフラ投資銀行)への加盟を承認した」と報じました。知る限り日本のメディアにおいてこのような報道はなされていません。スプートニクスの情報は、プロパガンダの要素を否定できませんが、果たして真偽のほどはどうなのでしょうか。

「中国、台湾のAIIB加盟を承認 」(2015年11月8日 スプートニクス)
[続きを読む]
[カテゴリ:アジア・太平洋情勢] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月10日 23時47分
119番の通報トラブル:報道されている以外の可能性として考えられる原因
 
11月10日、東京消防庁は、同日午前中に東京23区内の119番通報がつながらなくなるトラブルが6分間続いたことを発表しました。今年2月、同庁の司令管制システムを更新して以来、トラブルが相次ぎ、今回で3回目と報道されています。

「119番:東京23区内で通報トラブル6分間 今回3回目」(2015年11月10日 毎日新聞)

報道によると、今回のトラブルは、119番の受付指令制御装置のプログラムを改修する作業中に発生し、システムと指令端末を結ぶ回線が途切れたことを知らせる警告がでて判明したということです。
ただ、このニュースを見た時、すぐに頭をよぎった原因は別のことです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月9日 23時49分
『日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦 』(NHKスペシャル取材班)
 
戦前、戦中と海軍の中枢部である軍令部に在籍した参謀を中心メンバーとした「海軍反省会」という非公開の会議が、1980年から1991年まで開かれていました。その会議の模様は、カセットテープに録音され、関係者によって保管されていました。議論された内容は先の大戦に関する様々なテーマに及び、旧海軍の超エリート士官による赤裸々な発言が収録され、その量は400時間あまりと膨大なものでした。
このテープの存在を知ったNHK取材班が、テープの入手を関係者やその親族と交渉し、それを元に企画をスタートさせ、太平洋戦争開戦の真相、特攻作戦に至る道程、東京裁判の裏面史などについて作られ番組が、「NHKスペシャル 日本海軍400時間の証言」でした。番組は2009年、3回にわたって放送され、第1回が「開戦 “海軍あって国家なし”」、第2回が「特攻 “やましき沈黙”」、そして第3回が「戦犯裁判 “第二の戦争”」というものでした。
以下にご紹介する本は、その番組を書籍化したものです。内容は、テレビで放送された番組より圧倒的に濃く、こちらを読めば、番組を見る必要がないものです。

『日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦(新潮文庫) 』(NHKスペシャル取材班 2014年 新潮社)
[続きを読む]
[カテゴリ:書評] [コメント (1)] [トラックバック (0)]




2015年11月8日 23時45分
元自衛隊幹部が「海自は南沙に行くべきでない」と発言
 
元陸上自衛隊北部方面総監の酒巻尚生氏が、11月5日、外国特派員協会で「海自は南沙に行くべきでない」と発言したことが報じられています。昨日7日、本ブログ「評価すべき野田聖子議員の南沙問題についての発言」(2015年11月7日)でも触れましたが、米中間の南沙諸島問題に対する日本の関わり方について、非常に冷徹で現実的な発言が出たことは評価すべきことでしょう。

「『海自は南沙に行くべきでない』元陸自方面総監が強烈な一言」(2015年11月7日 日刊ゲンダイ)

酒巻氏の言葉を以下に引用します。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月7日 6時28分
評価すべき野田聖子議員の南沙問題についての発言
 
自民党の野田聖子衆議院議員が、南沙諸島をめぐって米国と中国が対立していることについて「日本は直接関係ない。日本は独自路線で外交していくことに徹するべきだ」(2015年11月5日 The Huffington Post)
と述べたことが報道されています。大変に良い発言で、最近の政治家としての発言では非常に質の高いものであると思います。

「野田聖子氏『南沙諸島、日本は関係ない』」(2015年11月5日 The Huffington Post)

この発言に対しては、恐らく「安全保障感覚がない」とか「鳩山由紀夫元総理と同じレベル」というお決まりの批判がなされるでしょう。ただ、本当にそうでしょうか。
鳩山外交をよく見るとかなりレベルの高いものであることがわかります。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月6日 23時26分
皇太子妃雅子さまに関する嬉しいニュース
 
皇太子妃雅子さまが、今年の秋の園遊会にご出席される方向で調整が行われているという大変に嬉しいニュースが飛び込んできました。
実現すれば12年ぶりとなるもので、ご無理をなされないで、良い方向に状況が進んで欲しいと心から思います。
少しだけでもその笑顔を国民に見せて頂ければ、それだけで十分でしょう。ご無理などなさらないで気長に構えていただきたいと心から思います。
[続きを読む]
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月5日 23時53分
世界で影響力がある人物ランキングに見る国際社会の実相
 
米国の経済誌フォーブスが、11月4日、「世界で最も影響力のある人物」73人のランキングを発表しました。トップは3年連続となるロシアのプーチン大統領、そして2位がドイツのメルケル首相、3位が米国のオバマ大統領と続きます。メルケル首相が大きくランクを上げましたが、この結果は現在の国際情勢を如実に反映しています。
第二次世界大戦後、ともに敗戦国としてスタートした日本とドイツですが、今やドイツは国連常任理事国に匹敵する存在感を確立し、メルケル首相は世界的に評価される大宰相となっています。一方で、わが国は独自に存在感を発揮できず、首相の評価はまだまだ低い状況にあります。そこには既に雲泥の差を感じますが、その違いの源泉は、現在の国内政治の趨勢と理由を同じくしているものと考えます。つまり国内での政治問題の本質が、国際社会での評価に影響し直結していということです。

「『世界で影響力ある人物』1位プーチン氏 安倍首相は…」(2015年11月5日 朝日新聞)
「The World's Most Powerful People」(2015年 Forbes)
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:世界の読み方] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月4日 23時51分
「南極大陸の氷が実は増加していた!」という報道に見る「常識」の意味
 
NASAが、南極の氷は減少しておらず実は増加しているという研究結果を発表したとCNNが伝えています。地球温暖化で南極の氷が融解して海面上昇をもたらすという説に一石を投じることになるかもしれません。

「南極大陸の氷、「実は増加していた」 NASA」(2015年11月4日 CNN)

北極の氷が全部溶けても海面は上昇しません。『えっ!』と思われるかもしれませんが、実は事実なのです。コップに水を入れ、そこに氷を入れると水面は上昇します。しかし、その氷が溶けてなくなっても水面は上昇しません。小学生の理科の話のようですが、このことは北極の氷にも当てはまることなのです。このお話は実は常識的なことで、最近ではさすがに「北極の氷が溶けると・・・」とは言われなくなりました。
[続きを読む]
[カテゴリ:世界の読み方] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月3日 23時53分
レバノンでの大量薬物押収事件に見る戦争と薬物の関係
 
10月28日、レバノンのベイルート・ラフィク・ハリリ国際空港で、薬物2トンを密輸しようとしたとして、サウジアラビアの王子などが拘束されました。摘発された薬物の量は同空港では過去最大で、押収された薬物は「カプタゴン」と呼ばれるアンフェタミン系の合成覚醒剤とコカインと報道されています。また報道によると、このカプタゴンにはISなどの関与もあるようで、IS問題で揺れる中東の戦乱の暗部がかいま見えますが、ここで少し戦争と薬物について考えてみましょう。

「サウジ王子ら5人、薬物の密輸容疑で拘束 レバノン空港」(2015年10月28日 CNN)
「薬物2トンの密輸試み、サウジ王子ら訴追 レバノン」(2015年11月3日 AFP)
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:戦争の構造] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年11月2日 23時50分
杭打ちデータ改ざん・マンション傾斜問題はTPPで構造化する可能性
 
杭打ちデータ改ざん問題、マンション傾斜問題についての報道が連日なされています。横浜の傾斜マンションでは、行政が指摘するまで問題にはならず、販売会社の対応は社会的には見られませんでした。杭打ちデータの改ざんに関しては、その数や実態に唖然とします。そこには、モラルの問題、無理な工期、コストの無理な切り詰めなど様々な問題が背景にあるでしょう。先週、平日午後放送の関西系のあるワイドショー番組では、今回のような問題があっては、TPPでインフラなどの日本から海外への輸出が自由化されるにもかかわらず、日本にとって大きなダメージであるという趣旨のことが言われていました。果たしてそうなのでしょうか。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (1)] [トラックバック (0)]





  次の10件
くる天

◎ 必読の書

○ 『餓死した英霊たち』

○ 『世界で最初に飢えるのは日本 食の安全保障をどう守るか』

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治。この2冊がそのことを雄弁に物語ります。

○ 『CIA日本が次の標的だ―ポスト冷戦の経済諜報戦』


◎ 拙著です

○ 『この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体』



内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、2024年の世界情勢の根本要因が書かれています。この本とザ・フナイの連載をトータルで読むと、ロシア・ウクライナ情勢、パレスチナ・イスラエル情勢及び中東情勢、東アジア情勢など現在の世界情勢の本質が見えてきます。もちろん、日本国内の情勢も見えてきます。内外情勢は決して別々ではない。
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2015年11月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
カテゴリ
全て (1405)
日本の政治 (1316)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
04/11 12:40 韓国総選挙の結果の意味すること
04/04 10:23 『裏金問題』の本質は民主主義を破壊することであり、同時にアベ政治の弊害であること
02/23 15:14 天皇陛下のお誕生日に際し心からのお慶びを申し上げます。
02/09 22:37 『国民を甘やかす政治をしてはならない』といった池田勇人
01/23 23:06 二階派、安倍派、岸田派の解散の意味を考える その2
01/22 00:32 二階派、安倍派、岸田派の解散の意味を考える その1
01/14 19:54 台湾総統選挙の結果は何を意味するのか?
01/09 20:54 松本人志氏についての『性的行為強要報道』に対する同氏の対応をいかに考えるか
01/03 23:57 これからの時代の価値観――『人の命を守る・大切にする』
01/01 11:05 新年、あけましておめでとうございます
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved