このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年05月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
カテゴリ
全て (828)
日本の政治 (755)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
07/02 23:50 集団免疫を行っていると考えられる小池都政
07/01 23:58 集団免疫を行っていると考えられる小池都政
06/30 23:43 集団免疫を行っていると考えられる小池都政
06/29 23:46 集団免疫を行っていると考えられる小池都政
06/28 23:51 集団免疫を行っていると考えられる小池都政
06/27 23:54 集団免疫を行っていると考えられる小池都政
06/26 23:54 集団免疫を行っていると考えられる小池都政
06/25 22:05 都市と田舎の問題 その2 日常と非日常の時代の変わり目で
06/24 10:36 都市と田舎の問題
06/19 20:34 かなりひどいレベルのコメント
ブログ内検索

RSS
正常性バイアス
[日本の政治]
2020年5月18日 23時29分の記事

昨日の本ブログ「正常性バイアスΑ廖複横娃横闇5月17日)の続きです。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


無為無策、無能でも言論は弾圧する安倍政権・日本政府
さて、話しを戻すと、このように安倍政権・日本政府の行政能力、新型コロナウイルス対策、スキャンダルが現状、トンデモナイレベルにあるのに、以下のリテラの記事のようにこの政権の無為無策、無能、間違いを批判し、指摘する言論に対して権力が圧力をかけ、さらにその圧力を色々な人々を使ってし、攻撃をするわけです。まあ、本当にひどい状況であるわけです。

「官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の命令だった! コロナ対応批判封じ込めで官邸幹部が指示」(2020年3月8日)

新型コロナウイルス問題が顕著になり始めた1月、2月、野党が桜を見る会などの問題で政権を追及し、批判をすれば、このような緊急事態に政権を批判するとは何事かという論調が生じました。しかし、まさに緊急事態宣言発令中に火事場泥棒と呼ばれた検察庁法・黒川問題のような国民の反発が大きく政権にとってしか意味のない施策をごり押ししようとするわけです。それなら、たった3か月前、緊急事態に何をやっているのかと野党批判をしていた人々のほとんどが、政権を批判するかと思いきや、なんと、なんと政権を擁護するわけです。それも、この政権にしか意味の無いごり押し施策であるにも関わらずにです。それはなぜのか? 考えるだけでも馬鹿らしいのですが、ちょっと考えてみましょう。
とは言え、答えはまったく明らかで、この身勝手な論調の中心に官邸がいるからと考えます。それが、普通にたどり着く結論ですし、間違いなくとそうであると考えます。このようなことは森友・加計問題、桜を見る会とその前夜祭問題、河井前法相夫妻問題、公文書改ざん・政府答弁虚偽問題などの中心的存在(『官邸』)と、政権を擁護する論調をメディアなどで言い立てる権力の維持・強化装置との関係も、すべて同じと考えます。そのことの中心に『官邸』がいるのですが、この構造は安倍政権においては使い古された組織的な動きと考えます。だって、いつも顔ぶれが同じではないですか。
ですので、これまで安倍政権を擁護してきた人たちが、例えばこの黒川問題でどのようなスタンスをとるのか、考えないでもわかりますよね。たとえ、その人たちのこれまでの論調を付き合わせると完全な矛盾をしていたとしても、どういう論調になるかわかるのです。政権擁護のためなら矛盾なんて関係が無いのです。
このようになるのは、安倍政権を擁護する人たちが何も考えていないからですが、それは逆から見れば、誰か中心にいる人の論調をそのまま言っていると言うことに過ぎないのです。もっともらしくいっていても結局はそう言うことなのです。そして、その中心が『官邸』と考えるわけです。


それでは、その論調の中心にいるのは誰か?
まあ、冷静に考えれば、官邸という日本の権力機構のトップが、その政権擁護の論調の中心にいるのは当たり前のことなのです。
それでは、その官邸とは何か? もしくは誰なのか? 以下の記事に実は非常に重要なポイントが掲載されています。この現代ビジネスの記事は「『日本の憲政史上、最も長く首相を務めた』ことだけをレガシーに余力を残して退任し」(5月14日 現代ビジネス)というものですが、安倍氏の退陣・出口戦略が新型コロナウイルス問題で大きく狂ったということが書かれています。
安倍氏の健康問題、家庭問題、そして退陣問題などの記事は、安倍政権が下降気味になると必ず出てきます。安倍政権への反発に対する一種のガス抜きのための記事と考えます。ですので、それらは反安倍の動きのように見えて、実は親安倍、政権維持の動きと考えます。したがって、この記事もそのような意味があるかもしれませんので、そのことは注意して読んでいただきたいと思います。
現在においてもっとも大事なことは『これからどうなるかではなく』、『これからどうするのか』であるのです。ですので、私たちにとって重要なことは、安倍政権がこれからどうなるのかではなく、私たちは安倍政権をどうするのかとうことなのです。もちろん、その答えは明白です。
いずれにせよ、この記事を読んでいて、以下の部分にはとても衝撃を受けました。これまで知らなかったことなのですが、この一文を読んで、上述の『官邸』の意味が非常に鮮明になりました。


安倍は若い時、自民党の社会部会長(現・厚労部会長)を務めたことを自らの経歴書に必ず書き入れる。医療や年金制度などに詳しいとの自負が強いこともあって、この改革に拘っているのだ。

「安倍首相『人生の出口戦略』はコロナですべて吹き飛んだ」(2020年5月14日 現代ビジネス)


安倍氏は、自民党の社会部会長(現・厚労部会長)で、医療、年金制度など厚労問題への自負があるということで、簡単に言えば厚労族のかなりの親玉と言うことなのです。政界関係者ならこの一文を見て、普通ならそう考えるはずです。私には、そもそもそういう知見がなかったので、この一文を見てとても衝撃を受けたわけですが、同時に現状の『官邸』の様子も非常に鮮明に見えてきたわけです。
このことは当然、新型コロナウイルス問題というまさに防疫と医療問題に対して、安倍氏がどういうスタンスでいるかを示しています。つまり、ずぶの素人ではなく、非常に強い自負があり、その自負心とともに積極的に動いているということです。もちろん、自負があることと能力があることとはまったく別問題ですが、とにかく私は当初、安倍氏がこの新型コロナウイルス問題について、まったくのド素人、専門外と考えていましたので、この一文を見て、実相はまったく逆であることを明確に悟ったのです。
このように『官邸』の実相が見えてくると、このことは本ブログ「これからの政治のシーンにおいて最大の焦点はPCR検査数」(2020年5月8日)で指摘したことと明らかに符合してくるのです。思わず一人でなるほどと頷いてしまいました。

「正常性バイアス─廖複横娃横闇5月19日)へ続く。




最終編集日時:2020年5月25日 0時53分

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/444728
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 267473
今日のアクセス: 82
昨日のアクセス: 254
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved