このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
『政治家の交渉術』2006年5月刊 ―目次
[◆『政治家の交渉術』2006年5月刊]
2011年2月5日 0時20分の記事

目次 政治家の交渉術


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい





はじめに


第1章 「善悪」を思うな
 ―「勝った奴が正しい」


1「戦争と平和」のテクニック
 「条件闘争」では勝利が遠のく
 「いきさつ」をサーチせよ
 敵を「ファイリングする」方法
 犠牲は抑えるもので恐れるものではない
2 事実より欲望を根拠にしろ
 カネより「敬意」をまず払え
 欲望は誰もが矯正できない最弱点
 敵の敵は本当に味方か
 交渉の最大の武器は「しつこさ」

3 信念も欲望の一部だ
 「信念の人」ほど正論から切り離しやすい
 「これがマスコミに出たらおしまいだ」
 「火」に油を注ぐか水を差すか
 ウソを見抜くより「隠しごと」を見抜け
 「大局観」には逆らえない

4「時間」は善悪に優先する
 時間を切るのは大切な圧力
 交渉の「ババつかみ」の法則

5 満足を与えて勝利を手にしろ
 「それまではじっとしていよう」
 玉砕は交渉ではない
 欲望と目的は仲の悪い双子

6 相手を色分けして分断せよ
 「一糸乱れず」がもつれるとき
 「こういうことがまかり通っていいのか」
 相手の「リーダーの権威」を軽視せよ


第2章 「すべて」を賭けるな
 ―「最後に笑う奴が最もよく笑う」


1 テーブルにつく前に「殴っておけ」
 サイを投げる前にサジを投げるな
 交渉相手が複数いる場合は?
 「ガス抜きではないのか」
 「勝算」の計算法

2 立場に執着するな
 「内なる交渉」が「外の交渉」を決定づける
 「情報費」をケチるな
 説明をはしょるな

3 「立場の利害」と「自分の利害」に溝はないか
 「見直し協議」の方法
 武器はまず「ぎらりと見せよ」
 「深くコミットすると危険にもさらされる」

4 選択肢を減らすのが交渉とは限らない
 思い込みで動くな
 「狭い道を突き抜けていくしかない」

5 「笑える余裕」の温存
 「カネで話がつけば安いものである」
 「突き放すことも相手のためになる」
 相手の「成長」を考慮せよ

6 「小さな合意」で局面を変えろ
 「反発し合う隣人」とのつき合い方
 相手にゆとりが出てきたら
 「助けたのに反発される」人たち

第3章 「気脈」で人を見よ
 ―「感情が勘定になる」


1 常に「バルコニーから人の動きを見る」ために
 孫正義の「孫の二乗の法則」
 「大局をじかに見る」特殊技術
 交渉も「太陽を背に構える」こと

2 「最初に棍棒を突き出す」交渉術
 「決闘」を始めるなら?
 最初に最大の圧力をかけよ
 「礼金」を払わなかったばかりに

3「駆け引き」で人が動くか
 「死に体になってしまう」
 「助さん格さん」の置きどころ
 「政権維持」の二十の条件
 「渡を越す」という交渉術

4 人間力学を瞬時に見抜く法
 「これは倒閣運動だな」
 利害の一致は力の一致か
 「最後通告」をどう聞くか

5 自分を強く見せるか弱く見せるか
 うまい言い回し一つで場が逆転する
 交渉は「殺し合い」でもある
 「単なる勝負師ではない」

6「譲れない一線」を引いて見せろ
 「今度落ちたら言いわけできない」
 「真意」はここに隠れる
 未知数を含んだ答えを用意する
 「桶狭間」は戦術の宝庫でもある

7 希望的観測を忘れろ
 希望は事実ではない
 「神様」の選挙戦術
 「基本はイメージアップである



第4章 平気で「断言」しろ
 ―「舌は長く記憶は短く」


1「弱者の戦法」を知っておけ
 「もし立て籠もらなければならなくなったら?」
 「腹の据わった女性だ」
 「敵」を「客」と見ると
 「すでに解決している」

2 言葉は一人歩きする
 「やっぱり考え方でしょうね」
 自制心を手放すな
 「表向きの言いわけ」に耳を貸すな

3「逃げ道」を「誘導路」にしろ
 「戦争はまだ終わっていない」
 メンツを潰さない方法を探せ
 「同盟は非常に強固です」
 認識のズレに対処する

4 保身でなく捨身せよ
 「制裁」の有効性
 保身では信用を保てない

5「汚い手口」に対処しろ
 「おいしい話」は相手を無防備にする
 「もてなし」には絶対に乗るな
 「情報には虚実がある」

6 すべてが好意に変わる「オセロ式」交渉術
 「雰囲気」にどう対処するか
 「仕切り線」をどこに決めるか
 「誰の目にも明らかである」

第5章 「おぼれる犬」を叩け
 ―「指の傷が腕の戦闘力を奪う」


1 相手の「結束の乱れ」を仕掛けろ
 問題はタイミング
 「共通の敵をつくる」のは常に有効な結束術
 「早さ」が有利な状況をつくる
 「プロファイリング」を導入しろ

2 「敵との共通点」を指摘しろ
 分断工作着手法
 「案外取り込みやすい」
 外部より内部の敵が怖い

3 利害の違いに固執するな
 「火をつけるときには用心しなければならない」
 「スッポンのような交渉」の強さ
 情報は「裏取り合戦」でもある

4 何を捨て何を取るべきか
 「仕手グループ総帥」の運命
 「貧しいと精神が卑屈になる」

5 交渉をサバイバルゲームと考えろ
 「攻撃したつもりが裏目に出てしまう」
 どこに「疑惑の目」をつけるか
 相手を敗北させるが滅亡はさせない
 「謝罪十か条」を使え
 「優しい言葉」が効果を発揮する

第6章 「小敵」扱いするな
 ―「雑草は繁殖する」


1「テーブルの上のパイ」だけに目を奪われるな
 「拳銃を向けざるを得なかった」
 「手品」の種は「テーブルの下」に隠れている

2 ここまで腰をかがめていい
 「見えない黄金の手」を使え
 誰が脱落するか
 「あんたは国賊だ」

3「ノー」をどんな武器にするか
 交渉も一種の自分との戦い
 思いもつかない言葉を編み出す

(転載・引用厳禁)

くる天 ブログランキング

板垣英憲マスコミ事務所

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

板垣 英憲(いたがき えいけん)情報局



最終編集日時:2012年6月28日 15時27分

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2944)
◆『恐るべし野村證券の野望』(昭和61年12月25日刊) (38)
◆『【日本経済新聞】のここをこう読みなさい』(1995年4月26日刊) (75)
◆『なぜ?浦和・与野の不思議』 (2)
◆『誰でも知っている創業者のサクセスストーリー』 (34)
◆『二宮尊徳に学ぶ企業経営』(法人うらわ)1999年新年号より (18)
◆『徳川慶喜に学ぶ経営改革』({法人うらわ」1998年新年号より連載) (17)
◆「渋沢栄一に学ぶ」(「法人うらわ」2000年新年号月より連載) (19)
◆『野村総研』(1988年2月20日刊) (55)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (51)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 195481
今日のアクセス: 26
昨日のアクセス: 66
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved